__home

このページは、
新潟大学大学院医学部教授  阿保 徹 先生(国際的に活躍する免疫学者)
米国アルバート・アインシュタイン医科大学外科教授  新谷 弘実 先生
(胃腸内視鏡の世界的権威)
実正堂薬局 薬剤師  実方 恒彦 先生(自然治癒力を提唱する薬剤師)
の教えに基づき作成しています。

わたしたちの身体は、約60兆個の細胞から構成されていて、休むことなく新陳代謝が行なわれています。この代謝により毎日約1兆個の細胞が生まれ変わっているのです。同時に、がん細胞も毎日約3,000個生まれているといわれ、これは免疫によって排除され、健康に保たれています。
近年、この「免疫」とか「免疫力」「自然免疫」「自然治癒力」といった言葉が本やマスコミで取り上げられ話題を集めています。
これは、わたしたちの身体に誰もがもっている機能で、健康に保ってくれる非常に重要な役割をしているものです。しかし、免疫のはたらきは、わたしたちが命令をしてはたらいてくれるわけではありません。そのはたらきは、ここ20年間で急速に解明が進み、新たなシステムが発見されたり、解っていたことよりもさらに詳しいことが解明されています。最近では、腸管に特有の免疫システムがあることが解り「腸管免疫」として、本やテレビでも紹介されているほどです。
また医師も、 薬だけではなく、この「免疫」に注目して病気を良くすることが一番だという先生も増えてきているのです。すなわち、わたしたちの健康は、この免疫を無視しては成り立たないということが明らかになってきたということです。